偏頭痛や片頭痛の原因を治療することができるのが漢方

カップル

二つの違い

お腹に触れる人

ビフィズス菌と乳酸菌は混同されがちですが、実は分類学的には違うものです。どちらも人間の腸内に存在する善玉菌で、ヨーグルトなどに利用されることが多いのが間違われやすい理由でしょう。基本的に整腸作用としては同じような働きが期待できます。まずビフィズス菌は乳酸と酢酸を作ることができる細菌です。人間の腸内に住んでいる善玉菌のうち、99.9パーセントはビフィズス菌と言われています。ビフィズス菌の数は1兆から10兆個にも上るのです。形としてはY字やV字のように分岐した形状をしています。ビフィズスとはラテン語で分岐という意味なのです。また、生息場所としては上記でも紹介したように、人間や動物の腸内に生息しています。酸素がある場所では生息することができない菌なのです。ビフィズス菌は糖を分解することで乳酸を作ります。強い殺菌力を持った酢酸やビタミンB群、葉酸などを作ることができるのです。一方の乳酸菌は腸内に1億から1000億個程が住んでいます。形は球状や棒状など様々な形をしているでしょう。生息場所はビフィズス菌と同様に人間や動物の腸内に生息していますが、乳酸菌の場合は乳製品や漬物などの発酵食品の中にも見られるのです。酸素があっても生息できるのがビフィズス菌との大きな違いでしょう。自然界にも広く生息しているのが特徴です。また、糖を分解して乳酸を作り出す働きがありますが、ビフィズス菌のように強い殺菌力を持った酢酸などを作り出すことはできません。このような違いがあるので、厳密にはビフィズス菌と乳酸菌は違う菌なのです。