偏頭痛や片頭痛の原因を治療することができるのが漢方

カップル

成分の特徴

コラーゲン

コラーゲンという言葉をよく耳にしますが、実際に何かを知っている方は少ないと言えるでしょう。知っていても肌に良いくらいの知識を持っている場合が多く、それ以上のことを知っている方は少ないのです。それでは、この成分について詳しく勉強していきましょう。コラーゲンという成分はタンパク質の一つです。身体のしなやかさや弾力を生み出すのに欠かせません。細胞と細胞を結ぶ役割りがあるため、肌以外にも骨や関節、血管などの様々な箇所に含まれています。ですが、この成分の多くが皮膚に存在しているのです。身体に存在しているうちの40パーセント程が皮膚に存在しています。後の20パーセント程が軟骨や骨、その他は内臓や血管などに存在しているのです。肌の真皮層の70パーセント程がこの成分でできています。この成分の役割りは多岐に渡り、肌のハリや弾力を作る働きが有名と言えるでしょう。関節を滑らかに動かし、骨を丈夫にする働きもあります。また、血管をしなやかにするなど、コラーゲンには多くの働きが期待できるのです。肌の真皮層に網目のようにこの成分が張り巡らせれており、肌の弾力やハリを保ちます。この成分は繊維細胞で作られており、年齢ともに機能が衰えてしまうのです。肌のたるみやシワの原因になります。年齢ともにコラーゲンが減少すると、肌のたるみやシワ以外にも関節の痛みを訴える方が増えてくるでしょう。このような方は、コラーゲンが減少して軟骨がすり減る事で症状が発生します。コラーゲンを補給して関節の軟骨が弾力性を保つ事で、痛みを和らげることができるのです。